ヨット・ヨットスクール・船舶免許・ボート免許・神奈川、大阪、愛知、岡山、沖縄で開催中


青木スクール・アンケート公開ページの利用方法

  1. アンケートの内容は個人名を省略するなど、掲載前に差し支えのない範囲で修正しています。
  2. アンケートは日付の新しい順番に並んでいます。
  3. 日付から探すには、左側の情報欄にある「最新のアンケート」、もしくは「年月別アンケート」の年月をクリックしてください。
  4. コースから探すには、上部または左側のメニューから該当するコースを選び、クリックしてください。
  5. 開催地別に探したいときは、大阪、横浜、横須賀、愛知、沖縄、岡山のいずれかを、上部のブログ内検索欄に入力して、検索してください。

2018/10/6 SBD 大阪

重要なポイントも繰り返し教えて頂き、修了テストも無事合格できました。時折、ヨット哲学っぽい話も聞けました。特にヨットでは「リラックスし、あわててやろうとしないこと」「速く走らせることが逆に安全性を高めることにもつながる」といった考えも興味深く、印象に残りました。

2018/9/15 SBD 大阪

おじいちゃんに誘われたから受講した。

スクール受付担当者があめをくれた。

トレーニングに使用したヨットにトイレがない。

2018/9/15 SBD 大阪

ヨットをやってみたかったから受講した。

スクールからの配布物や教材は読みやすかった。

2018/9/15 CON 東京

受講したのは、充実したプログラム、ASA準拠。

トレーニングに使用した教室は、多少空調ノイズが気になった。

非常に充実した2日間だった。BCCレベル以上の受講者には強く勧めたい。

作図の手順などを実際に見られると(インストラクターの実演)もっと理解が深まるのではないでしょうか?

2018/9/2 SBD 東京

ヨットの先輩からすすめられたので参加した。

2018/9/8,9 BKB 大阪

ヨット歴は40余年になるが、途中ブランクもあり、もう一度基礎を確認したかったため参加した。

シート類、セールの格納が雑である。船外機のかかりが悪い。

今回は初日と二日目のインストラクターが異なったが、それぞれ整理の指示が違い、初心者は多少混乱するかもしれない。(e.g.フェンダーの格納)

予定されてものは消化できた。ただし、リーフ、ジフ゛交換等の強風対策に言及されないのはいかがなものか。いくらリーフのっとを覚えても意味がうすくなるかも。

出入港時の見張りのポイント、かけ声、スキッパーとしての指示例など、もっと具体的に説明した方が良い。初心者は何が危険で、どのポイントに注意すべきか、何を聞きたいのかが分かっていないのだから。

単に次に何が用意されているかの説明だけでなく、受講生からのフィードバックを積極的に受けるべきと思う。

初日のインストラクターは、毛糸の風見をつけて説明したが、二日目は無し。体で風を感ずるべきの精神は理解するが、初心者には風見無しでタック、ジャイブの判断は難しい。風位とセールアングル、針路の理解のためにも、風見、テルテールの使いかたは統一すべきではないか?

SBDでは行ったかもしれないが、ウィンチ、カムクリート、シートストッパー等の使い方と使うタイミングを再確認すべき。理解していないとケガのリスクがある。