アドバンスト・コース

now browsing by category

 

2018/11/22 ACC

インストラクターには自主性を尊重していただき、ありがとうございました。

初日夕方のトラブル(ワイルドジャイブ、メインセールの破損)は、今回のトレーニングにおいて、いろいろな経験が出来、非常に参考になりました。

ただ、ワイルドジャイブの原因が、突風、波の影響ではなく、人為的要因が80%以上だったと思う。何が問題だったのか、どういう対応が必要か、反省がたりなかったと思う。(スキッパーの指示、ヘルムスの動作、注意力、その他クルーの対応、にわかメンバーの意思疎通方法。)

トラブル対応の備品(セール補修キット、ブロック予備、道具・工具類・シート類を充実してほしい。

2018/11/22 ACC

教育内容が、入門から外洋航海まで、体系的に整備されているから参加した。

トレーニングに使用した艇は、ステアリングコンパスが暗いし、チャートテーブル廻りや引出しに不要物がある。

ACC予習問題の解説に十分時間を取って頂き、内容もわかり易かった。

インストラクターは、
①トレーニング早々時のメインセール破損アクシデントの対応
②田尻入港時の橋梁へのマスト接触の可否判断
等、適切であった。

トレーニング早々、メインセールが裂けるアクシデントが発生したが、それへの対応判断(トレーニングを継続するかどうか、メインセールの代わりはどうするかなど)が早く、指示も的確であった。

2018/11/15 BBC 大阪

知人の推薦で参加した。

ヨットスクールとは別に、クルージングを泊まりで楽しめる企画があると、ヨットを楽しめる層が増えて良いと思います。スクール受講生の友人を誘うなど、興味を持ってもらい、続けたい人にはスクールを紹介するような取り組みがあると良いと思います。

今回の瀬戸内海や九州、沖縄など、いろいろなコースがあると参加したいと思いますし、誘いやすいです。

2018/05/03 ACC 航海コース

メインシートのブロック修理が適切ではなく、カムからシートも外れずらく、大変不便であった。

キャビン内の寝るスペースが少なすぎる。バウエリアは完全に物置で使えない。

2017/11/11-26 OPM 屋久島ー大阪

ヨットの操船技術を体系的に学ぶために受講。

受講申し込み後の、スクールからの配布物や教材は、やや情報不足を感じます。

2017/11/11-26 OPM 屋久島-大阪

青木校長のすすめもあり、OPMを受講したいと思ったから。

事前によく考えておかないと、OPMコースが理解できないと思いました。

キャビン内テーブルが破損、マスト灯が不点灯、トイレが使えない時がありました。飲食物持ち込みに関し、艇の装備についてのインフォメーションがほしいです。(カセットコンロ、水の有無など)

落水者救助及び太陽以外の天測ができませんでしたが、止むを得ないです。(荒天のため)

OPM受講前に、天測の練習機会があるとよいと思います。

場所は、太平洋に面した岬(関東では野島岬、関西では潮岬あたり)で、期間は1泊2日、又は2泊3日、朝夕の航海、薄明及び南中時に天測するものです。今日の事前練習問題のように、天測可能な天体をあらかじめ調べておけばよいかと思います。LOPもCENでは作図していますが、天測しながらのLOP作成は練習を事前にしておかないとOPM本番ですぐ行うのは難しいと思います。